大切な一瞬を・・・蒸気機関車が走る情景

現在も蒸気機関車が走っている磐越西線、上越線、真岡鐵道をホームグランドに、季節感あふれる情景を写真にしています。昔ながらの日本の良さを残していきたいと思っています。

峠を登る~真岡鐡道

上り列車はいつものことながら迷ったが、結局は天矢場とした。いつもはあちこちに撮影者が散らばるが、
コノ日はまとまっており、コノ付近の線路際も空いていた。
広角レンズで、空地の水たまりがシャーベット状に凍っている様子を加えてみた(2019年1月6日撮影)

ブログ村のランキングに参加しています。いいね!と思ったら、ポチッとクリックをお願いします。
    ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/16(水) 23:25:20|
  2. 真岡鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月ヘッドマーク~真岡鐡道

正月運転のヘッドマークは、双耳峰からの日の出。つまり筑波山からの初日の出をイメージしているのだろう。

さて、この日は珍しく6時半には下館に到着したため、日の出の瞬間に立ち会うことが出来た。
朝焼けに浮かぶ筑波山が神々しかったため、水戸線の電車とともに撮影してみた。
(2019年1月6日撮影)


IMG_9614-1_20190114075514577.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/14(月) 08:11:02|
  2. 真岡鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光連山を望む(その2)~真岡鐡道

午後に入り雲が広がってっきたものの日光の山並みが、厳かに顔を覗かせていた。
期待はしていなかったものの白煙での登場に、心拍数が上昇した。(2019年1月6日撮影)

ブログ村のランキングに参加しています。いいね!と思ったら、ポチッとクリックをお願いします。
    ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/13(日) 11:47:16|
  2. 真岡鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光連山を望む~真岡鐡道

山並みが綺麗に見えた日だった。駅を発車したC11が白煙を上げながら近づいてくる中、
「白煙よ!途切れず続いてくれ~」とずっと願っていた。ココでの撮影者は二名。(2019年1月6日撮影)

ブログ村のランキングに参加しています。いいね!と思ったら、ポチッとクリックをお願いします。
    ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/12(土) 00:12:09|
  2. 真岡鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

正月特別運行~真岡鐡道

9月以来久々の真岡鐡道。初日の5日は重連並みの人出という記事があり、不安があったが、
二日目6日はそこまでではなく安堵・・・・。
晴れ渡った真岡の空のもと、いつもと変わりない風景に出逢うことが出来た。(2019年1月6日撮影)

ブログ村のランキングに参加しています。いいね!と思ったら、ポチッとクリックをお願いします。
    ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/11(金) 06:43:12|
  2. 真岡鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

『大切な一瞬を』にお越し頂きまして 本当にありがとうございます。

大切な一瞬を

Author:大切な一瞬を

住まい:埼玉県 使用機材:CANON EOS70D,EOS40D,EFS10-18/F4.5-5.6IS STM,EF24-70/F4L IS USM,EF70-200/F4L,EF100-400F4.5-5.6L IS USM,エクステンダーEF2×Ⅱ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

真岡鐵道 (329)
磐越西線 (284)
上越線 (135)
只見線 (99)
秩父鉄道 (37)
飯山線 (32)
信越線 (30)
羽越本線 (24)
釜石線 (20)
東北本線 (11)
水郡線 (9)
東武鬼怒川線 (7)
中央線 (6)
外房線・内房線 (5)
函館本線 (2)
その他 (2)

カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: